このトピックにはビデオが含まれています このトピックにはビデオが含まれています

予定表の共有

 

適用先: Office 365 for professionals and small businesses, Office 365 for enterprises, Microsoft Exchange, Live@edu

トピックの最終更新日: 2012-07-31

共有アドレス帳の任意のユーザーを招待して、予定表を共有することができます。予定表の共有への招待を送信するときは、どの程度の情報を共有するかを選択します。

note注:
この情報は、標準バージョンの Outlook Web App に適用されます。ここで説明する機能は、Outlook Web App Light では使用できません。
ビデオ: 予定表の共有

このビデオでは、Outlook Web App で予定表を共有する方法を説明します。

note注:
このビデオを表示するには、Silverlight がインストールされている必要があります。Silverlight のインストール方法については、「Silverlight をインストール」を参照してください。
予定表を共有する方法

  1. Outlook Web App で、ナビゲーション ウィンドウの [予定表] 予定表 をクリックします。
  2. [予定表] ツール バーの [共有] をクリックします。
  3. 予定表の共有[この予定表を共有する] をクリックします。
  4. メッセージの宛先を指定するときと同じように、予定表を共有する対象のユーザーの名前を [宛先] 行に入力します。
  5. [共有] で、次のいずれかのボタンをクリックして、どの程度の情報を共有するかを設定します。
    • [空き時間情報]   空き時間情報のみを共有します。
    • [件名や場所などを含む空き時間情報]   空き時間情報と予定表アイテムの件名および場所を共有します。
    • [すべての情報]   受信者が空き時間情報、件名、場所、およびその他の予定表の詳細を表示できるようにします。
  6. 受信者の予定表フォルダーを表示するためのアクセス許可を自動的に要求する場合は、[受信者の予定表を表示できるように依頼する] を選択します。
  7. 他のメッセージと同様に、必要に応じて要求の本文に情報を追加します。
  8. [送信] をクリックして要求を送信します。

補足情報

  • プライベートとしてマークされている予定表のエントリについては、付与したアクセス許可にかかわらず、空き時間情報のみが表示されます。
  • 他のユーザーと共有している予定表を表示するには、次の操作を実行します。
    1. [予定表] ツール バーの [共有] をクリックし、[予定表の追加] をクリックします。
    2. 開く予定表の所有者が組織内のユーザーである場合は、そのユーザーの名前を入力し、[OK] をクリックします。
    3. 開く予定表の所有者が組織内のユーザーでない場合は、インターネットから予定表を追加する URL を入力し、[OK] をクリックします。
  • Outlook Web App を使用して、自分の予定表を変更するためのアクセス許可を他のユーザーに付与することはできませんが、Outlook の代理人アクセス機能を使用することで、自分の代わりに予定表を変更したり会議出席依頼に応答するためのアクセス許可を組織の他のユーザーに付与できます。Microsoft Outlook 2010 を使用して代理人アクセスを設定する方法の詳細については、「自分のメールと予定表の管理を他のユーザーに許可する」を参照してください。
    Outlook 2010 を使用して自分のメールボックスに存在しない予定表を管理する方法の詳細については、「他のユーザーのメールおよび予定表のアイテムを管理する」を参照してください。

関連情報

 
関連するヘルプ トピック
読み込み中...
リソースが見つかりませんでした。