スケジューラ ポリシー

 

公開日: 2016年7月

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

ここでは、同時実行ランタイムでのスケジューラ ポリシーの役割について説明します。 スケジューラでタスクを管理する場合、スケジューラ ポリシーによって、スケジューラが使用する方法を制御します。 たとえば、THREAD_PRIORITY_NORMAL で実行されるタスクと THREAD_PRIORITY_HIGHESTで実行するそのほかのタスクを必要とするアプリケーションがあるとします。2 種類のスケジューラ インスタンスを作成する: THREAD_PRIORITY_NORMALContextPriority ポリシーを指定すると THREAD_PRIORITY_HIGHESTと同じポリシーを指定する別の 1 つ。

スケジューラ ポリシーを使用して、使用できる処理リソースを分割して、各スケジューラに固定の一連のリソースを割り当てることができます。 たとえば、4 つまでのプロセッサに対応した並列アルゴリズムを考えてみます。 この場合、タスクで同時に使用されるプロセッサを 4 つまでに制限するスケジューラ ポリシーを作成できます。

System_CAPS_ICON_tip.jpg ヒント

同時実行ランタイムは既定のスケジューラを提供します。 したがって、アプリケーションで 1 を作成する必要はありません。 タスク スケジューラではアプリケーションのパフォーマンスを微調整できるため、同時実行ランタイムを初めて使用する場合は、並列パターン ライブラリ (PPL) または非同期エージェント ライブラリから始めることをお勧めします。

スケジューラ インスタンスの作成に concurrency::CurrentScheduler::Createconcurrency::Scheduler::Create、または concurrency::Scheduler::SetDefaultSchedulerPolicy のメソッドを使用すると、スケジューラの動作を指定するキーと値のペアのコレクションを含む concurrency::SchedulerPolicy オブジェクトを提供します。 SchedulerPolicy コンストラクターは、可変個の引数を受け取ります。 1 番目の引数は、指定するポリシー要素の数です。 残りの引数は、各ポリシー要素を表すキーと値のペアです。 次の例では、3 つのポリシー要素を指定する SchedulerPolicy オブジェクトが作成されます。 ランタイムは、指定されていないポリシー キーに対して既定値を使用します。

No code example is currently available or this language may not be supported.

concurrency::PolicyElementKey の列挙体はタスク スケジューラに関連付けられているポリシー キーを定義します。 次の表で、ポリシー キーと、ランタイムが各ポリシー キーに対して使用する既定値について説明します。

ポリシー キー説明既定値
SchedulerKindタスクをスケジュールするために使用するスレッドの種類を指定する concurrency::SchedulerType 値。ThreadScheduler (通常スレッドを使用)。 このキーの有効な値です。
MaxConcurrencyスケジューラが使用する同時実行リソースの最大数を指定する unsigned int 値。concurrency::MaxExecutionResources
MinConcurrencyスケジューラが使用する同時実行リソースの最小数を指定する unsigned int 値。1
TargetOversubscriptionFactor各処理リソースに割り当てるスレッドの数を指定する unsigned int 値。1
LocalContextCacheSize各仮想プロセッサのローカル キューにキャッシュすることができるコンテキストの最大数を指定する unsigned int 値。8
ContextStackSize各コンテキスト用に予約するスタックのサイズ (キロバイト単位) を指定する unsigned int 値。0 (既定のスタック サイズを使用)
ContextPriority各コンテキストのスレッド優先順位を指定する int 値。 これには、SetThreadPriority または INHERIT_THREAD_PRIORITY に渡すことができる任意の値を使用できます。THREAD_PRIORITY_NORMAL
SchedulingProtocol使用するスケジューリング アルゴリズムを指定する concurrency::SchedulingProtocolType 値。EnhanceScheduleGroupLocality
DynamicProgressFeedback統計ベースの進行状況情報にリソースのバランスを再調整するかどうかを指定する concurrency::DynamicProgressFeedbackType 値。

 メモ このポリシーに設定しないでください。ProgressFeedbackDisabled これは、ランタイムによる使用が予約されています。
ProgressFeedbackEnabled

各スケジューラは、タスクをスケジュールするとき、独自のポリシーを使用します。 1 個のスケジューラに関連付けられているポリシーは、そのほかのスケジューラの動作には影響しません。 また、Scheduler オブジェクトを作成した後にスケジューラ ポリシーを変更することはできません。

System_CAPS_ICON_important.jpg 重要

ランタイムによって作成されるスレッドの属性を制御するには、スケジューラ ポリシーだけを使用します。 これにより、未定義の動作が発生する可能性があるため、ランタイムによって作成されるスレッドの関係または優先順位を変更しないでください。

スケジューラを明示的に作成しない場合は、ランタイムによって既定のスケジューラが作成されます。 そのスケジューラで使用できるアプリケーションで既定のスケジューラを使用するがポリシーを指定する場合は、並列処理をスケジュールする前に concurrency::Scheduler::SetDefaultSchedulerPolicy のメソッドを呼び出します。 Scheduler::SetDefaultSchedulerPolicy メソッドを呼び出さない場合、ランタイムは表の既定ポリシー値を使用します。

スケジューラのポリシーのコピーを取得するために concurrency::CurrentScheduler::GetPolicyconcurrency::Scheduler::GetPolicy のメソッドを使用します。 これらのメソッドから取得するポリシー値は、スケジューラを作成するときに指定したポリシー値とは異なる場合があります。


スケジューラの動作を制御するために特定のスケジューラ ポリシーを使用して例を確認するには 方法: 特定のスケジューラ ポリシーを指定する方法: 特定のスケジューラ ポリシーを使用するエージェントを作成するを参照してください。

参照

タスク スケジューラ
方法: 特定のスケジューラ ポリシーを指定する
方法: 特定のスケジューラ ポリシーを使用するエージェントを作成する