パブリック グループについて

組織の共有アドレス帳内のパブリック グループは、電子メールのメーリング リストのように機能します。ユーザーがパブリック グループのアドレスに電子メール メッセージを送信すると、そのグループに含まれているすべてのメンバーにメッセージが配信されます。既存のグループに参加するか、または [オプション][すべてのオプションを表示][グループ] の順にクリックして独自のグループを作成できます。[所有するパブリック グループ] ウィンドウを使用して、独自のグループを作成および管理します。[所属するパブリック グループ] を使用することにより、共有アドレス帳内の既存のグループに対する参加または脱退を行うことができます。

注記メモ:
アカウントによっては、この機能を使用できない場合があります。

パブリック グループはさまざまな目的に使用できます。次にいくつかの例を示します。

  • コーヒー関連の話題や体験についてメッセージを送信する場合にユーザーが参加する coffeeklatsch という名前のグループ。

  • 保険商品に関する情報を共有するため、特定の保険会社の保険代理店にのみ向けられた InsuranceTalk という名前のグループ。

パブリック グループについて
グループ内の異なるユーザーについて

パブリック グループには、グループとの関係に応じて、次の種類のユーザーが含まれます。

所有者   パブリック グループを作成した場合は、そのグループの所有者となります。所有者は、グループを削除したり、メンバーを追加または削除したり、所有者を追加または削除したり、グループに送信できるユーザーを指定したり、メッセージがグループに送信される前の承認オプションを設定したりできます。

他の所有者   グループの所有者として追加されたユーザーは、グループの作成者と同じレベルの制御権をグループに対して持つことになります。

メンバー   アドレス帳からグループに参加したユーザーや、メンバーとして追加されたユーザーは、グループにメッセージを送信したり、グループに送信されたすべてのメッセージを受信したりできます。グループの [詳細] をクリックすると、グループの所有者、メンバー、モデレーター、およびアドレス帳に含まれる他のグループ情報を確認できます。

モデレーター   グループの所有者であり、その作成者でもある場合は、グループに対して [メッセージの承認] を有効にしたときに、既定でグループのモデレーターとなります。所有者として追加されたユーザーで、グループの作成者ではない場合、グループのモデレーターとして自分自身を追加することができます。モデレーターは、他のモデレーターを追加したり、グループに送信される前にメッセージを承認または拒否したり、メッセージが承認されなかったときにメッセージの送信者に通知する方法を決定したりできます。

送信者   グループにメッセージを送信するには、そのグループのメンバーでなくともかまいません。既定では、パブリック グループには任意のユーザー (共有アドレス帳に含まれていないユーザーも含む) がメッセージを送信できます。

グループの作成または削除

[所有するパブリック グループ] ウィンドウを使用して、独自のグループを作成できます。詳細については、「パブリック グループの作成」を参照してください。所有するグループを削除するには、「所有するパブリック グループの削除」を参照してください。

グループの管理

グループを作成するときには、いくつかの簡単なオプションを選択し、表示名、エイリアス、および説明を入力できます。グループのすべての設定を管理するには、[詳細] をクリックします。使用できるすべての設定については、「作成したパブリック グループ用に設定を変更する」を参照してください。

グループに対して管理できる追加設定をいくつか示します。

  • 所有権   既定では、グループを作成したユーザーがそのグループの所有者となります。グループを作成した場合、そのグループの第一の所有者となるため、所有者である自分自身を削除することはできません。削除しようとすると、エラーが発生します。ただし、アドレス帳から他のユーザーも所有者として追加できます。グループの所有者は、メンバーを追加および削除したり、グループにメッセージを送信できるユーザーを制御したり、グループに送信されたメッセージの承認を制御したり、他にも多くのことを行えます。これらの設定は、[所有権] セクションで設定します。

  • メンバーシップ   このセクションでは、グループにメンバーを追加したり、グループからメンバーを削除できます。

  • メンバーシップの承認   このセクションを使用して、ユーザーがグループに参加または脱退するために承認が必要かどうかを選択します。

  • 配信の管理   グループにメッセージを送信できるユーザーを制御できます。[配信の管理] セクションでは、グループへのメッセージ送信特権を制限します。

  • メッセージの承認   グループに対してメッセージの承認を有効にできます。これを有効にすると、グループに送信されたメッセージは、最初に承認のために受信トレイに移動します。作成者は送信者からのメッセージを承認または拒否できます。作成者または別のグループ モデレーターが承認するまで、送信者のメッセージはグループ メンバーに到達しません。グループのモデレーターとして複数のユーザーを追加することもできます。これらのオプションは、[メッセージの承認] セクションで管理します。

グループへの参加または脱退

[所属するパブリック グループ] を使用することにより、アドレス帳内の既存のグループに対する参加または脱退を行うことができます。グループの詳細を確認するには、選択したグループの [詳細] をクリックします。グループに関する詳細情報、たとえば、グループの所有者やグループのメンバーを確認できます。詳細ダイアログ ボックスでは、グループに参加したりグループから脱退したりもできます。詳細については、「パブリック グループへの参加または脱退」を参照してください。

受信トレイのルールの適用

自分がメンバーであるグループに送信されたメッセージに対して適用される受信トレイのルールを設定している場合、それらのメッセージについて追加のルールの処理を停止するオプションを含めることが望ましい場合があります。これは、ルールのうち 1 つだけをメッセージに適用する場合に便利です。ルールは、ルール一覧の上から下への順に連続して処理されます。メッセージが複数のルールの条件に一致する場合、それぞれのルールがメッセージに適用されます。ルールは、受信トレイに配信されるメッセージを整理するために役立ちます。詳細については、「受信トレイのルールについて」を参照してください。

関連情報

 
関連するヘルプ トピック
読み込み中...
リソースが見つかりませんでした。