メッセージの作成

メッセージは、"メッセージの作成" フォームで作成できます。 このフォームは、メッセージの返信と転送に使用するものと同じです。

新しいメッセージを作成する方法

  1. 任意のメール フォルダーで、[新規作成]メッセージの作成 をクリックするか、キーボードで Ctrl キーを押しながら N キーを押します。

    新しいメッセージは、アドレス帳を表示しているときに作成することもできます。 ツール バーの [アドレス帳]アドレス帳 をクリックし、検索テキスト ボックスで、メッセージの送信先となる人物またはグループを検索します。 一覧で受信者の名前を右クリックし、次に [メッセージの作成]連絡先へのメッセージを作成する をクリックします。

  2. 受信者を [宛先] 行と [CC] 行に入力します。 受信者の詳細については、「受信者の追加または削除」を参照してください。

  3. 件名を入力します。

  4. メッセージ本文のボックスにメッセージを入力します。

  5. メッセージの作成が完了したら、[送信]送信 をクリックするか、Alt キーを押しながら S キーを押して送信します。

補足情報

  • 組織内の別のユーザーとして送信するために、管理者からアクセス許可を得ることができます。 そのユーザーとして送信できるアクセス許可の構成が完了したら、差出人行を使用して送信者一覧にあるそのユーザーによるメッセージを作成できます。 [差出人] 行を有効にするには、メッセージ ツールバーの [オプション] をクリックし、[差出人を表示する] をチェックし、[OK] をクリックします。 [差出人] 行を使用するには、別の送信者として送信するアクセス許可を得たユーザーの名前を入力するか、[差出人] の横の下矢印キーをクリックし、[その他の電子メール アドレス] を選択し、アドレス帳から送信するときのアドレスを選択します。

    [メール] タブ[メッセージ オプション] セクションを使用すれば、すべてのメッセージに対して[差出人] 行を有効にできます。

  • メッセージに返信すると、ヘッダー情報 (宛先、差出人、件名) が自動的に入力されます。 メッセージを転送する場合は、[宛先] は未入力状態になります。詳細については、「メッセージの返信または転送」を参照してください。

  • メッセージを作成するときに、メッセージ フォームの上部にある一覧を使用して、メッセージ形式を [HTML] 形式または [テキスト] 形式に設定することができます。 HTML を選択すると、メッセージの本文の上部に書式設定ツール バーが表示されます。 ツール バーを使用して、メッセージ全体、または選択した部分のフォントを変更できます。 既定の書式設定のオプションに加えて、書式設定のツール バーの端にある [カスタマイズ][展開] アイコン をクリックし、追加するオプションの横のチェック ボックスをオンにすることで、ツール バーにオプションを追加することができます。メッセージの書式を設定する方法の詳細については、「メッセージの書式設定」を参照してください。

  • 大量の電子メール メッセージを送信した場合や、いくつかのメッセージを多数の受信者に送信する場合、メールボックスの送信制限に達する可能性があります。 送信制限は、24 時間以内にメッセージを送信する受信者の数に基づいており、組織の設定によって異なります。 この制限を超えると、次回メッセージを送信するときに警告が表示されます。

    送信制限を超えているときに作成した電子メールは、自動的に [下書き] フォルダーに保存されます。 一定の時間後に、[下書き] フォルダーから電子メールを開いて、再送信を試みることができます。 まだ送信制限を超えている場合は、再度警告メッセージが表示されます。 電子メールは、送信するか削除するまで [下書き] フォルダーに格納されます。 24 時間たってもメッセージを送信すると同じ警告が表示される場合は、受信者の数を減らしてください。

  • メッセージを作成するときには、以下のツール バー オプションを使用できます。

     

    ボタン 説明

    送信 [送信]

    メッセージを受信者に送信します。

    保存

    [下書き] フォルダーにメッセージを保存しますが、メッセージを送信しません。

    [添付ファイル] アイコン

    メッセージにファイルを添付します。 ファイルを添付する方法の詳細については、「添付ファイルの操作」を参照してください。

    アドレス帳

    受信者名を検索するためにアドレス帳を開きます。

    名前の確認

    [アドレス帳] または [連絡先] フォルダー内のメッセージ受信者の名前を確認します。 名前を解決する方法の詳細については、「受信者の追加または削除」を参照してください。

    [重要度 - 高]

    メッセージの重要度を高に設定します。

    重要度: 低

    メッセージの重要度を低に設定します。

    署名

    メッセージの末尾に署名を追加します。 署名の詳細については、「署名の追加」を参照してください。

    このボタンを使用するには、あらかじめ署名を作成しておく必要があります。

    スペル チェック

    メッセージのテキストのスペルをチェックします。 スペルのチェック方法の詳細については、「スペル チェックについて」を参照してください。

    オプション

    [メッセージ オプション] ダイアログ ボックスを表示します。 メッセージ オプションの詳細については、「メッセージ オプションの設定」を参照してください。

    メッセージ形式の一覧

    メッセージの形式を [HTML] または [テキスト] に設定します。 形式を設定する方法の詳細については、「メッセージの書式設定」を参照してください。

関連情報

 
関連するヘルプ トピック
読み込み中...
リソースが見つかりませんでした。