Outlook Web App をお使いになる前に

 

適用先: Office 365 for professionals and small businesses, Office 365 for enterprises, Microsoft Exchange, Live@edu

トピックの最終更新日: 2013-01-11

Outlook Web App を使用すると、インターネットに接続されている任意のコンピューター上から Web ブラウザーを使用してメールボックスにアクセスすることができます。Web ブラウザーから、メール メッセージの送受信、連絡先の整理、タスクの作成、予定表の管理などを行うことができます。

目次

サポートされているブラウザー

メッセージの操作

予定表の使用

連絡先およびグループ

カスタマイズ

ユーザー補助

ヘルプについて

サインアウト

メールボックスに接続する他の方法

サポートされているブラウザー

メールボックスには、HTML 3.2 および ECMA をサポートするブラウザーからアクセスできます。これには、UNIX、Apple Macintosh、または Microsoft Internet Explorer を実行しているコンピューターの Windows、Mozilla Firefox、Apple Safari、Chrome などの Web ブラウザーが含まれます。詳しくは、「Outlook Web App をサポートしているブラウザー」をご覧ください。Outlook Web App Light は、Outlook Web App の簡易版で、ほぼすべてのブラウザーをサポートしています。

メッセージの操作

メール メッセージの送受信に加え、添付ファイルの追加、メッセージが読み取られたか配信されたときの開封確認の要求、メッセージへの分類の追加などの方法で、メッセージをカスタマイズすることができます。

ファイル システムを使用して書類を整理するのと同様に、フォルダーを使用してメッセージを整理することができます。受信したメッセージは、異なるフォルダーにメッセージを分類するルールを使用して管理できます。

既定では、Outlook Web App は、閲覧ウィンドウがオンになっていると、メール フォルダーでスレッド ビューを使用します。スレッド ビューでは、スレッド内のすべてのメッセージが 1 行表示で表示されます。詳しくは、「スレッドについて」をご覧ください。

メッセージを操作する方法について詳しくは、「メール」をご覧ください。

予定表の使用

予定表は、壁に貼る紙のカレンダーと同様のものですが、特別な機能が多数備わっています。予定表に予定を追加するときには、添付ファイルを追加する、必要なだけ多くの詳細情報を書き込む、アラームを設定する、定期的に自動で予定表に追加されるように定期的な予定にするなど、多くの方法で予定表をカスタマイズできます。

予定を作成するほかに、会議を設定することもできます。会議は、他の人に出席依頼を送信すること以外は予定とよく似ています。会議に招待される各個人は、会議の詳細が記載されたメール メッセージを受信します。受信した人は、使用しているメール サービスによっては、受信したメッセージを利用して自分の予定表に会議を追加できる場合があります。

予定表を管理する方法について詳しくは、「予定表」をご覧ください。

連絡先およびグループ

メールボックスの [連絡先] フォルダーは、情報を格納する個人やグループごとにエントリがある名刺ホルダーやアドレス帳に似ています。連絡先を作成して、通信を行う対象の個人または企業に関する情報を格納できます。

グループを使用すると、複数の連絡先を含む 1 つのエントリを作成できます。グループにメッセージを送信すると、そのグループに含まれるすべての連絡先に配信されます。

連絡先とグループについて詳しくは、「連絡先」をご覧ください。

クラウドベースのメールボックスを使用している場合は、他のメール アカウントから連絡先をインポートできます。詳しくは、「連絡先のインポート」をご覧ください。

カスタマイズ

メールボックスはログオンするとすぐに使用できます。メール メッセージの送受信を開始するために、設定を変更したり、何らかのオプションをオンまたはオフにする必要はありません。ただし、個人の好みに合わせていくつかの設定を変更することもできます。

送信前にメール メッセージのスペルを自動的にチェックする、送信するメッセージに署名を追加する、メッセージの既定のフォントを選ぶなどの操作を行うことができます。

Outlook Web App をカスタマイズする方法について詳しくは、「オプション リファレンス」をご覧ください。

ユーザー補助

視覚の状態に合わせて最適化された Light バージョンが提供されています。詳しくは、「Outlook Web App Light」をご覧ください。

ヘルプについて

作業中のウィンドウでヘルプを表示するには、ツール バーのヘルプ アイコン ヘルプ をクリックします。

イントラネットまたはインターネット経由で Outlook Web App を使用する方法については、メールの管理者にお問い合わせください。

サインアウト

メールボックスの使用を終えたら、必ずツール バーの [サインアウト] をクリックしてからブラウザーのウィンドウをすべて閉じてください。サインアウトは、他のユーザーがコンピューターを使用してメールボックスにアクセスできないようにするために役立ちます。他の Web サイトにアクセスするために引き続きコンピューターを使用する予定がある場合でも、セッションが終了するたびに、[サインアウト] をクリックしてブラウザー ウィンドウをすべて閉じてください。

メールボックスに接続する他の方法

  • お気に入りのメール プログラムを使用したメールボックスへの接続   Outlook Web App 以外にも、以下のいずれかを使用してメールボックスにアクセスできます。

    • Office Outlook 2007.

    • Windows Mobile 5.0 や Exchange ActiveSync Mobile 6.0 など、Windows Mobile ソフトウェアを実行し、Windows をサポートする携帯電話。詳しくは、「携帯電話での電子メール アカウントの設定」をご覧ください。

    • POP3 または IMAP4 メール プログラムを使用する携帯電話 (Apple iPhone など)。

    • Outlook Express、Entourage for MAC OS X、Mozilla Thunderbird、Windows メールなどの POP3 メール プログラムまたは IMAP4 メール プログラム

    詳しくは、「メールの設定」をご覧ください。

  • ボイス メールの構成   アカウントに携帯電話の番号を追加すると、ボイス メールを有効にすることができます。ボイス メールを有効にすることによって、受信トレイで携帯電話に送信されたボイス メールを受信できます。詳しくは、「ボイス メール」をご覧ください。

補足情報

  • メールボックスをホストするサーバーの構成によっては、権限のないアクセスからメールボックスを保護するために、非アクティブな状態が一定期間続くと、Outlook Web App からメールボックスへの接続が自動的に閉じられることがあります。

  • ヘルプ ファイルで説明されている機能の中には、メールボックスをホストするサーバーの構成によっては利用できないものもあります。

関連情報

 
関連するヘルプ トピック
読み込み中...
リソースが見つかりませんでした。